Windows Server 2019

【Windows Server 2019】DHCPサーバーで固定IPアドレスの予約設定

更新日:

 
スポンサーリンク
   

DHCPサーバーで「予約」を使用するとDHCPクライアント端末がIPアドレス取得時に常時固定IPアドレスが割り当てられるように設定することができます。
DHCPサーバーの「予約」を使用することにより、デバイスに手動でIPアドレスを設定する必要もなくなりIPアドレスの管理が容易になるメリットがあります。

但し、デバイスのMACアドレスを基づいて固定IPアドレスの「予約」を行う為、事前にMACアドレスの調査が必要となってきます。
設定を行う前にMACアドレスを調べておきましょう。
 

   

スポンサーリンク

固定IPアドレスの予約設定

1.DHCP管理コンソールを起動し「IPv4」-「スコープ」-「予約」を開きます。
「予約」を右クリックし「新しい予約(R)...」を選択しましょう。

 
 
2.「新しい予約」にクライアント情報を入力します。

・予約名
・IPアドレス
・MACアドレス
・説明 ※省略可能

MACアドレスには「-」や「:」は入れずに入力します。

次に「サポートされている種類」を選択します。
通常は「DHCP」を選択すれば問題ありません。

・DHCPとBOOTP
・DHCP
・BOOTP

入力が終わったら「追加」を押します。

設定は以上で完了です。

設定対象の端末をネットワークに接続させ、DHCPで固定IPアドレスが割り当てられるか確認しましょう。
DHCP管理コンソール上から確認するには「アドレスのリース」の項目を参照すると確認が行えます。

 
 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-Windows Server 2019

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.