Windows11

【Windows11】回復ドライブの使い方

投稿日:2021/11/01 更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows11でUSBメモリーに作成した回復ドライブの使い方を紹介します。

回復ドライブの作成方法はこちらから
【Windows11】回復ドライブの作成方法

 


スポンサーリンク

操作手順

1.USBメモリーをパソコンに接続し、電源を入れ回復ドライブを起動します。
電源が入ったらすぐにブートメニューを起動するためのキーボードのキーを何度が押します。

USBメモリーから回復ドライブをブートするにはブートメニューを開きUSBメモリーを選択する必要があります。
パソコンのメーカーにもよりますが、PC起動時にキーボード操作を行うことで起動できます。

ブートメニューを起動するのに良く使用されるキーはF12、F9、ESC、F11あたりが多いみたいです。特にF12で起動できることが多いのでよくわからない場合は、まずF12キーを試してみると良いかもしれません。

 

2.ブートメニューが起動したら該当のUSBメモリーを選択して回復ドライブを起動します。

 

3.「キーボードレイアウトの選択」画面
「・Microsoft IME」をクリックします。

 

4.「オプションの選択」画面
「ドライブから回復する」をクリックします。

 

5.「ドライブから回復する」の画面
以下の2つから選択します。

ファイルの削除のみを行う
PCを引き続き使用する場合は、このオプションを選んでください。

ドライブを完全にクリーンアップ
PCをリサイクルする場合は、このオプションを選んでください。処理に数時間かかることがあります。

※本手順では例として「ファイルの削除のみを行う」を選択します。

 

6.「ドライブから回復する」の画面
「回復」をクリックします。

 

回復処理が開始されます。

 

引き続きインストールが行われます。

 

回復処理が完了すると、Windows11の初期設定画面が表示されます。
画面の指示に従って初期設定を行いましょう。

以上で操作完了です。

 

こちらの記事も参考にご覧ください。
【Windows11】回復ドライブの作成方法

Windows11のその他の設定はこちらから
Windows11 設定と使い方


関連記事(一部広告含む)

-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.