Windows10

Windows10 スクリーンセーバーの設定と変更

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows10のスクリーンセーバーの設定と変更方法を説明します。
スクリーンセーバーの設定中には「再開時にログオン画面に戻る」の設定が可能で再開時はロックがかかる状態にできますのでセキュリティを高めることもできます。
 

   

スポンサーリンク

スクリーンセーバーの設定画面の開き方

1.「スタート」-「設定」をクリックします。
「スタート」-「設定」をクリック

2.「個人用設定」をクリックします。
「個人用設定」をクリック

3.画面左側の「ロック画面」をクリックします。
画面左側の「ロック画面」をクリック

4.画面右側を下方向へスクロールします。
画面右側を下方向へスクロール

5.画面右側の「スクリーンセーバー設定」をクリックします。
画面右側の「スクリーンセーバー設定」をクリック

6.「スクリーンセーバーの設定画面」が起動します。
「スクリーンセーバーの設定画面」が起動

 

スクリーンセーバー設定

「スクリーンセーバーの選択」「スクリーンセーバーの待ち時間を設定」「スクリーンセーバーの再開時のロック設定」を説明します。

スクリーンセーバーを選択

1.スクリーンセーバーのプルダウンメニューから設定を行いたいスクリーンセーバーを選択し「OK」をクリックします。
スクリーンセーバーを選択し「OK」をクリック
スクリーンセーバーは以下の7つから選択ができます。
・なし
・3Dテキスト
・バブル
・ブランク
・ラインアート
・リボン
・写真

「3Dテキスト」と「写真」は設定のオプションを指定できます。

 

スクリーンセーバー「3Dテキスト」の設定

スクリーンセーバー「3Dテキスト」を選択しプルダウンメニュー右側の「設定」をクリックします。各設定が完了したら「OK」をクリックしてください。
各設定が完了したら「OK」をクリック

以下の項目が設定可能です。

テキスト

「時刻」と「カスタムテキスト」が選択でき「カスタムテキスト:」を選択した場合は右側のテキストボックスに入力したテキストが表示されます。
「時刻」と「カスタムテキスト」選択

アニメーション

アニメーションはの4つから選択ができます。
・なし
・回転
・シーソー
・よろよろ
・タンブル
アニメーション

表面のタイル

表面のタイルは「単色」「テクスチャ」「反射」から選択できます。
「反射の光源を表示」をチェックボックスをオン/オフすることで設定で可能です。
表面のタイル

各項目の右側のチェックボックススを入れることで以下の3項目を設定できます。
カスタム色:色の選択
カスタムテクスチャ:テクスチャの選択
カスタム反射:反射の選択
3項目を設定

 

スクリーンセーバー「写真」の設定

スクリーンセーバー「写真」を選択しプルダウンメニュー右側の「設定」をクリックします。
「写真」の設定

使用する画像の場所:

1.「参照(B)…」をクリックします。
「参照(B)…」をクリック

2.画像が保存された場所を選択し「OK」をクリックします。
「OK」をクリック

スライドショーの速度(E):

次の3項目から選択します。
・遅く
・中
・速く
スライドショーの速度

各設定ができたら「保存(S)」をクリックします。

 

スクリーンセーバーの待ち時間を設定

スクリーンセーバーが軌道するまでの待ち時間を「分」単位で指定できます。
設定可能な時間:1分~9999分
待ち時間を設定

 

スクリーンセーバーの再開時のロック設定

スクリーンセーバーから再開するときのロックを設定できます。
「再開時にログオン画面に戻る」にチェックボックスを入れると再開時にログオン画面に戻りロックが掛ります。チェックボックスを外すとログオン画面になりません。
再開時のロック設定

以上がスクリーンセーバーの設定です。


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.