Windows10

【Windows10】ファイル拡張子を表示/非表示(オン/オフ)する方法(レジストリ)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

拡張子とはファイルの種類を見分けるためにファイル名の末尾につけられる数文字で構成された文字列です。
多くの場合は3文字で構成されていますが、ファイルの種類によっては2文字であったり4文字という場合もあります。
例を上げるとテキストファイルの場合は「.txt」、Wordファイルは「.doc」「.docx」等で表現されファイル名と拡張子の間はドット「 . 」で区切られます。

拡張子によってファイルがどのアプリケーションで開くか関連付けられるため、拡張子を誤って変更してしまうとファイルが開かなくなります。

拡張子を誤って変更してしまった場合は元の拡張子に設定しなおしてください。

この説明では通常の操作で拡張子を表示/非表示(オン/オフ)する方法とレジストリ値を紹介します。
 

   

スポンサーリンク

エクスプローラーの設定から拡張子の表示/非表示(オン/オフ)を設定

1.タスクバーのエクスプローラーアイコンをクリックし「エクスプローラー」を起動します。
「エクスプローラー」を起動

2.エクスプローラーの「表示」をクリックします。
エクスプローラーの「表示」をクリック

3.「ファイル名拡張子」のチェックボックスのチェックを入れると拡張子が表示され、チェックを外すと拡張子が非表示になります。
「ファイル名拡張子」のチェックボックスオフ

「ファイル名拡張子」のチェックボックスオン
 
このようにファイルの拡張子の表示が変更されていることが確認できます。
拡張子なしファイル拡張子ありファイル

以上が拡張子を表示/非表示(オン/オフ)する方法です。

 

レジストリで拡張子の表示/非表示(オン/オフ)を設定

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced
値の名前 HideFileExt
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0 = 有効(拡張子を表示)
1 = 無効【既定】(拡張子を非表示)

 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.