ソフトウェア

Adobe AIR 自動アップデートを無効にする(レジストリ)

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

Adobe AIRの自動アップデートをレジストリで有効無効を切り替える方法を説明します。
Adobe AIRには「Adobe AIR設定マネージャ」というアップデートの有効無効を切り替えるツールがありますが、
エラーによりインストールができないことがあります。

そのようなときに直接レジストリを変更することによりAdobe AIRの自動アップデートを制御することができます。

   

スポンサーリンク

レジストリで自動アップデートを無効にする

1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定指定して実行」をクリックします。
「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定指定して実行」をクリック

2.「ファイル名を指定指定して実行」の名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
「ファイル名を指定指定して実行」の名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリック

3.レジストリエディタが起動するので次のキー「HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Policies¥Adobeレジストリエディタ」を開きます。

4.「Adobe」を右クリックし「新規」-「キー」の順にクリックします。
「Adobe」を右クリックし「新規」-「キー」の順にクリック

5.「新しいキー」の名前を「AIR」に変更します。
「新しいキー」の名前を「AIR」に変更

6.「AIR」を右クリックし「新規」-「DWORD(32ビット)値」をクリックします。
「AIR」を右クリックし「新規」-「DWORD(32ビット)値」をクリック""

7.「新しい値」に「UpdateDisabled」と入力します。
「新しい値」に「UpdateDisabled」と入力

8.「UpdateDisabled」右クリックし「修正」をクリックします。
「UpdateDisabled」右クリックし「修正」をクリック

9.「値のデータ」欄に「1」を入力し「OK」をクリックします。
「値のデータ」欄に「1」を入力し「OK」をクリック

以上がレジストリで自動アップデートを無効にする方法です。

レジストリ設定値

キー HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Policies¥Adobe¥AIR
値の名前 UpdateDisabled
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0 = 自動アップデートを有効
1 = 自動アップデートを無効

関連記事(一部広告含む)

-ソフトウェア

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.