Google Chrome

【Chrome】"JavaScript"の実行を許可/ブロック:レジストリ/GPO

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

ChromeでJavaScriptの実行を許可/ブロックするのレジストリ/グループポリシーの設定値です。
JavaScriptを実行する場合は"オン"に設定します。
既定ではJavaScriptの実行は許可になっています。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Chrome設定箇所:[設定]-[プライバシーとセキュリティ]-[サイトの設定]-[JavaScript] 
設定項目:JavaScript

 

レジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 DefaultJavaScriptSetting
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 1=オン ※許可
2=オフ ※ブロック

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]-[コンテンツの設定]
項目 デフォルトのJavaScript 設定
設定値 ・未構成
・有効
・無効

【有効:オプション】
・すべてのサイトに対して JavaScript の実行を許可する
・すべてのサイトに対して JavaScript の実行を許可しない

ヘルプ:
Setting the policy to 1 lets websites run JavaScript. Setting the policy to 2 denies JavaScript.

Leaving it unset allows JavaScript, but users can change this setting.


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.