Google Chrome

【Chrome】"Flash Player"の実行を許可/ブロック:レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

ChromeでFlashの実行を許可/ブロックするのレジストリ/グループポリシーの設定値です。
Flash を実行したくない場合は"オフ"に設定します。
既定ではFlashの実行をブロックになっています。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Chrome設定箇所:[設定]-[プライバシーとセキュリティ]-[サイトの設定]-[Flash] 
設定項目:"Flash"

 

レジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 DefaultPluginsSetting
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 1=オン ※すべてのサイトで Flash プラグインの自動実行を許可する
2=オフ ※Flash プラグインをブロックする
3=オン ※クリックして再生する

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]-[コンテンツの設定]
項目 デフォルトの Flash 設定
設定値 ・未構成
・有効
・無効

【有効:オプション】
・Flash プラグインをブロックする
・クリックして再生する
・すべてのサイトで Flash プラグインの自動実行を許可する

ヘルプ:
Setting the policy to 1 lets you set whether all websites can automatically run the Flash plugin. Setting the policy to 2 denies this plugin for all websites. Click to play lets the Flash plugin run, but users click on the placeholder to start it.

Leaving the policy unset uses BlockPlugins and lets users change this setting.

Note: Automatic playback is only for domains explicitly listed in the PluginsAllowedForUrls policy. To turn automatic playback on for all sites, add http://* and https://* to this list.


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.