Google Chrome

【Chrome】"セーフブラウジング":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

"セーフブラウジング"の項目の設定です。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Chrome設定箇所:[設定]-[プライバシーとセキュリティ]-[セキュリティ] 
設定項目:"セーフブラウジング"

 

レジストリ

レジストリ設定後は再起動が必要な場合があります。

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 SafeBrowsingProtectionLevel
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 値のデータ:
0=保護なし(推奨されません)
1=標準保護機能
2=保護強化機能

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]-[セーフブラウジングの設定]
項目 セーフブラウジングの保護レベル
設定値 ・未構成
・有効
・無効

【有効:オプション】
・セーフブラウジングを強化モードで有効にする。このモードではセキュリティが強化されますが、より多くの閲覧情報をGoogleに提供する必要があります。
・セーフブラウジングを常に無効にする。
・セーフブラウジングを標準モードで有効にする。

ヘルプ:
Google Chrome のセーフ ブラウジング機能を有効にするかどうかと、有効にする場合に使用するモードを管理できます。

このポリシーを「NoProtection」(値 0)に設定した場合、セーフ ブラウジングは常に無効になります。

このポリシーを「StandardProtection」(値 1、デフォルト値)に設定した場合、セーフ ブラウジングは常に標準モードで有効になります。

このポリシーを「EnhancedProtection」(値 2)に設定した場合、セーフ ブラウジングは常に強化モードで有効になります。強化モードではセキュリティが強化されますが、より多くの閲覧情報を Google に提供する必要があります。

このポリシーを必須として設定した場合、ユーザーは Google Chrome のセーフ ブラウジング設定を変更したりオーバーライドしたりすることはできません。

このポリシーを未設定のままにした場合、セーフ ブラウジングは標準保護モードで有効になりますが、ユーザーはこの設定を変更できます。

セーフ ブラウジングについて詳しくは、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.