Windows11

【Windows11】保護されたオペレーティングシステムファイルを表示させる方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

保護されたオペレーティングシステムファイルとは、通常ユーザーが直接操作する必要のないオペレーティングシステムに関する重要なファイルです。その為、ユーザーが簡単に操作できないようにされています。

また保護されたオペレーティングシステムファイルは隠しファイルになっていることもあるので、併せて隠しファイルを表示する設定を行うとすべてのファイルを確認できるようになります。

本記事ではWindows11で保護されたオペレーティングシステムファイルを表示させる方法を紹介します。

 


スポンサーリンク

設定手順

1.タスクバーの「エクスプローラー」アイコンからエクスプローラーを起動します。
「Windowsキー」+「Eキー」でも起動できます。

 

2.エクスプローラー右上の「」の順場にクリックします。

 

3.フォルダーオプションが開くので「表示」タブをクリックします。

 

4.「詳細設定」欄内の「保護されたオペレーティング システムファイルを表示しない(推奨)」をクリックします。

 

5.警告メッセージが表示されるので「はい(Y)」をクリックします。

 

6.「保護されたオペレーティング システムファイルを表示しない(推奨)」のチェックが外れていることを確認し「OK」をクリックします。

次にすべての保護されたオペレーティングシステムファイルを表示するために隠しファイルを表示するように設定します。

 

隠しファイルを表示する

保護されたオペレーティングシステムファイルをすべて表示するには隠しファイル、フォルダーを表示させる必要があります。
隠しファイルの表示は次の記事を参考にしてください。

【Windows11】隠しファイル、フォルダーする方法

 

Windows11のその他の設定はこちらから
Windows11 設定と使い方


-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.