Windows10

【Windows10】Windows Media Player 12を再インストールする方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows Media Playerを使っていて音がでなかったり、再生が途中で止まってしまう、そもそもWindows Media Playerがなくなってみつからない!!という時にWindows Media Playerを再インストールする手順を説明します。

Windows10/Windows8.1/Windows7ではWindows Media Playerはダウンロードしてインストールするのではなく、機能を有効化・無効化しインストールやアンインストールを行います。
その為、Windows Media Player 12をダウンロードし入手することはできません。

Windows Media Playerインストールされておらず、見つからない場合は機能を有効化(インストール)すると使用できるようになります。

この説明では2通りの再インストール方法を紹介しますので、下記手順のどちらかに沿って再インストールを実施してください。

※注
Windows10/Windows8.1のWindows Media Player 12ではDVDの再生はできないので注意してください。
DVDを再生したい場合は他のDVD再生ソフトウェアをインストールしましょう。
 

   

スポンサーリンク

「オプション機能」から再インストール

アンインストール

「スタート」-「設定(歯車アイコン)」の順番にクリックします。


 
 
「Windowsの設定」が開くので「アプリ」をクリックします。


 
 
「アプリと機能」が開いたら画面右側の「オプション機能」をクリックします。


 
 
「オプション機能」画面で「Windows Media Player」を探しクリックします。


 
 
「アンインストール」ボタンが表示されるのでクリックします。


 
 
アンインストールが開始されるので完了を待ちましょう。


 
 
以上でWindows Media Player 12のアンインストール完了です。
 
 

インストール

「スタート」-「設定(歯車アイコン)」の順番にクリックします。


 
 
「Windowsの設定」が開くので「アプリ」をクリックします。


 
 
「アプリと機能」が開いたら画面右側の「オプション機能」をクリックします。


 
 
「+機能の追加」をクリックします。


 
 
「機能の追加」画面で「Windows Media Player」を探しクリックします。


 
 
「インストール」ボタンが表示されるのでクリックします。


 
 
「機能の追加」画面で「←」をクリックします。


 
 
「Windows Media Player」のインストールが実行中ですので完了を待ちます。


 
 
インストールが完了すると「オプション機能」の画面や「スタートメニュー」内にWindows Media Playerが追加されています。


 
以上でWindows Media Player 12のインストール完了です。
 
 

「Windowsの機能の有効化または無効化」から再インストール

アンインストール(無効化)

「スタート」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」の順番にクリックします。


 
 
「コントロールパネル」が開くので「プログラム」をクリックします。
※画面右上の「表示方法」が「カテゴリ」でない場合は「カテゴリ」に変更してください。


 
 
「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。


 
 
「Windowsの機能」が開くので「メディア機能」を「+」ボタン開き「Windows Media Player」を表示させます。


 
 
「Windows Media Player」のチェックボックスをクリックします。


 
 
下記メッセージが表示されるので「はい(Y)」をクリックします。


 
 
「Windows Media Player」のチェックボックスからチェックが外れたことを確認し「OK」をクリックします。


 
 
変更の適用が開始されるので完了を待ちます。


 
 
「必要な変更が完了しました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。


 
以上でWindows Media Player 12のアンインストール(無効化)の完了です。
 
 

インストール(有効化)

「スタート」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」の順番にクリックします。


 
 
「コントロールパネル」が開くので「プログラム」をクリックします。
※画面右上の「表示方法」が「カテゴリ」でない場合は「カテゴリ」に変更してください。


 
 
「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。


 
 
「Windowsの機能」が開くので「メディア機能」を「+」ボタン開きます。


 
 
「Windows Media Player」のチェックボックスにチェックをいれ「OK」をクリックします。


 
 
変更の適用が開始されるので完了を待ちます。


 
 
「必要な変更が完了しました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。


 
 
インストールが完了すると「オプション機能」の画面や「スタートメニュー」内にWindows Media Playerが追加されています。

 
 
以上でWindows Media Player 12のインストール(有効化)の完了です。
 
 


スポンサーリンク

Windows Media Player 12の初期設定

再インストール後に初めてWindows Media Player 12を起動すると初期設定ウィザードが開始され初期設定が必要となります。

「スタート」-「Windowsアクセサリ」-「Windows Media Player」の順番にクリックします。


 
 
「Windows Media Playerへようこそ」の画面が表示されるので「推奨設定(R)」を選択し「完了(F)」をクリックします。


 
 
「Windows Media Playerのライブラリの移行」が画面が表示されます。


 
 
少し待つと「Windows Media Player」が起動します。


 
以上で初期設定の完了です。
以降の起動では初期設定ウィザートは表示されません。
 


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.