Windows10

【Windows10】スクリーンセーバー設定「再開時にログオン画面に戻る」(ローカルグループポリシー)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

スクリーンセーバー設定の「再開時にログオン画面に戻る」のローカルグループポリシーでの設定方法です。
 

   

スポンサーリンク

ローカルグループポリシー:スクリーン セーバーをパスワードで保護する

以下の値をローカルグループポリシーを使用し設定してください。

ローカルグループポリシー設定値

場所 「ユーザーの構成」-「管理用テンプレート」-「コントロール パネル」-「個人用設定」
項目 スクリーン セーバーをパスワードで保護する
設定値 ・未構成
・有効 =「再開時にログオン画面に戻る」が有効
・無効 =「再開時にログオン画面に戻る」が無効


 

ヘルプ:
コンピューター上で使用するスクリーン セーバーをパスワードで保護するかどうかを判断します。

この設定を有効にした場合、すべてのスクリーン セーバーはパスワードで保護されます。この設定を無効にした場合、スクリーン セーバーにパスワード保護を設定することはできません。

また、この設定によってコントロール パネルの [個人用設定] または [画面] の [スクリーン セーバー] ダイアログにある [パスワード保護] チェック ボックスが無効になります。そのため、ユーザーはパスワード保護設定を変更できなくなります。

コンピューターが確実にパスワード保護されるようにするには、[スクリーン セーバーを有効にする] 設定を有効にし、[スクリーン セーバーのタイムアウト] 設定を使用してタイムアウトを設定します。

注: [スクリーン セーバー] ダイアログを削除するには、[スクリーン セーバーを変更できないようにする] 設定を使用します。

ローカルグループポリシー設定手順

1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

 
 
2.名前欄に「gpedit.msc」と入力し「OK」をクリックします。

 
 
3.「ローカルグループポリシーエディタ」が起動するので次の順番で開き画面右側の欄を下にスクロールします。
「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「コントロール パネル」→「個人用設定」

 
 
4.「スクリーン セーバーをパスワードで保護する」を右クリックし「編集(E)」をクリックします。

 
 
5.「有効」または「無効」選択し「OK」をクリックします。

有効 =「再開時にログオン画面に戻る」が有効
無効 =「再開時にログオン画面に戻る」が無効


 
 
6.パソコンの再起動を実施すると設定が有効になります。

以上で設定完了です。
 


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.