ウイルスバスター

【ウイルスバスタークラウド】30日間 無料体験版のインストール方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

セキュリティソフトはさまざまな製品があるので何を使えば良いか悩むことありますよね?

実際に購入したら使いにくかったり、そもそもインストールができない・・・
なんて困ってしまうことがあると思います。

そんなときは初心者にも簡単安心なウイルスバスタークラウドをオススメします!

ウイルスバスタークラウドはパソコンの苦手な初心者でも非常に使いやすい上に、「BCN AWARD」で11年連続でセキュリティソフト販売本数No.1の最優秀賞を受賞しているトレンドマイクロ社の実績のあるセキュリティソフトです。

ウイルスバスタークラウドには30日無料体験版があり、購入前にお試しで使うことができるのです。

無料体験版といっても製品版と機能は変わりなく使えるため、製品版を購入したときの使い勝手がそのまま体験できるので購入を検討するのにも安心ですね!

また製品版を購入して無料体験版から製品版へ切り替えを行いたい場合にウイルスバスタークラウドの再インストールを行う必要がなく、シリアル番号の追加と登録を行うだけで簡単に製品版としての切り替えができる初心者に優しい作りになっています。

では早速、無料体験版のインストール方法を説明したいと思います。
 

   

スポンサーリンク

ダウンロードとインストール

以下のリンクをクリックしトレンドマイクロの公式サイトを開きます。

ダウンロード先:【ウイルスバスタークラウド】

 
無料体験版をダウンロードするには開いたページを下へスクロールします。


 
 
緑色バーの「30日無料体験版をすぐインストール」をクリックします。


 
 
「無料版をダウンロードする」をクリックします。


 
 
画面下側に表示される「実行」をクリックします。
インストーラーを保存したい場合は「保存」をクリックしてください。

ブラウザにより表示が若干変わりますが「実行」で進めてください。


 
 
Internet Explorerの場合の表示


 
 
「セキュリティ警告」が表示されたら「実行(R)」をクリックします。
※パソコンの設定により表示されない場合もあります。


 
 
「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら「はい」をクリックします。
※パソコンの設定により表示されない場合もあります。


 
 
しばらくすると「プライバシーと個人データの収集に関する規定」画面が表示されます。
「同意して次へ」をクリックします。


 
 
「使用許諾契約の確認」画面で「同意してダウンロードする」をクリックします。


 
 
ダウンロードが始まりしばらくするとインストールが開始されます。
ダウンロードとインストールは環境によりますが数分から数十分ほど要しますので完了を待ちましょう。


 
 
インストール中に「他のプログラムを終了してください」と表示された場合は画面に表示されているプログラムを終了させ「続行」をクリックします。


 
 
インストールが完了すると「メールアドレスの登録」画面が表示されますのでメールアドレスを入力し「完了」をクリックします。


 
 
インストールが完了すると「ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)」から大事なデータを守ります
の画面が表示されるので「閉じる」を選択します。
※この設定は後から変更可能です。

またこの画面を今後表示しない場合は左下チェックボックスの「□今後表示しない」にチェックをいれます。


 
 
また同時にウイルスバスタークラウドが起動します。


 
 
製品版を購入したい場合は「今すぐ購入」ボタンをクリックすると公式ウェブサイトが表示されるので、そちらからも購入手続きを行うことができます。


 
 
\ ダウンロード3年版製品購入で+2ヶ月延長キャンペーン中 /


 

使い方

ここではウイルスバスタークラウドの基本的な使い方を説明します。
ウイルスバスタークラウドは初期設定のままでも初心者でも安全に使えるように設定がされています。

難しいことがよくわからないような場合はインストール時のまま使用しても問題ありません。

細かい設定は通常必要ありませんが、必要に応じて設定をしてみましょう。
 
 

ウイルスバスタークラウドの起動

ウイルスバスタークラウドはパソコン起動時に自動的に起動しシステムを保護します。
起動に操作は必要ありません。

なんらかの原因でウイルスバスタークラウド起動しない場合や終了させた場合は、デスクトップ上に作成されているショートカットアイコンを開くことで起動することが可能です。


 
 
またショートカットアイコンから起動したウイルスバスタークラウドの画面で各設定を実施することができます。


 
 

有効期限の確認

ウイルスバスタークラウドの画面を開き右下の「有効期限:」を見ると確認することができます。


 
 

パソコンをスキャンする

ウイルスバスタークラウドの画面中央の「スキャン」ボタンをクリックすると「クイックスキャン」が開始されます。


 
 
コンピュータ全体のなスキャンを実行したい場合は「スキャン」ボタン右側の「▼」にマウスカーソルを合わせ「コンピュータ全体のなスキャン」をクリックします。

「コンピュータ全体のなスキャン」はクイックスキャンと比べると完了まで長時間必要となりますが、スキャン中もパソコンを利用しても問題ありません。


 
 

その他の設定

ウイルスバスタークラウドには多くの設定項目があり、全てを紹介する事はできませんが代表的な設定項目は大きく分けて4つ確認できます。

また各設定はウイルスバスタークラウド画面の上部のアイコンから起動できます。


 
 

コンピュータを守る

・コンピュータの保護設定
リアルタイムスキャン
Web驚異対策

・システムチューナー
このコンピュータのセキュリティやパフォーマンスを診断し、最適化を行います。

・サイレントモード
重要な作業の間、緊急でない通知を一時停止します。

 
 

個人情報を守る

・プライバシー設定チェッカー
SNSサイトの情報国階範囲の設定とWebブラウザの設定を確認し、プライバシーの保護を強化します。

・SNSプロテクション
SNSサイトに含まれるリンクの安全性を表示します。

・決済保護ブラウザ
対象のブラウザで、オンラインバンキングやオンラインショッピングの決済情報を保護します。

・情報漏洩対策
大切な個人情報をハッカーやスパイウェアによる盗難から守ることができます。また、お子さまが個人情報をインターネットで送信するのを防ぎます。

 
 

データを守る

・フォルダシールド
選択したフォルダ内のファイルをランサムウェアから保護します。

・データ消去ツール
ファイルデータを復元できないように消去します。

・パスワードマネージャー
インターネット上でログイン時に必要となる多くのIDパスワードをまとめて管理します。マスターパスワードを入力するだけで、Webサイトに自動でログインできます。

・クラウドストレージスキャン
クラウドストレージに保存したファイルをスキャンして守ります。

・リモートファイルロック
パスワードで保護されたフォルダを使用して、大切なファイルが他のユーザにみられないように保護します。

 
 

家族を守る

・保護者による使用制限
ソフトウェアの使用制限、Webサイトの閲覧と利用時間の設定、および検索結果で不適切な画像を非表示するたのめの設定ができます。

 
 

製品版シリアル番号の入力方法

シリアル番号を入力するにはウイルスバスタークラウドの画面左下の「シリアル番号をお持ちの場合」をクリックします。


 
 
シリアル番号の入力画面が表示されるのでこちらからシリアル番号の入力を進めていきます。


 
 


スポンサーリンク

ウイルスバスタークラウドの購入先

ウイルスバスタークラウドは製品版を購入した場合にシリアル番号の入力と登録をするだけで、無料体験版をそのまま製品版として使用できるようになります。

無料体験版をわざわざアンインストール・再インストールする必要がないので、パソコンが苦手な初心者でも簡単に製品版へ移行することができます。

無料体験版は30日で期限が切れてしまうので、早めに製品版を購入し安全にパソコンを利用できようにしましょう。

公式サイト:ウイルスバスターのご購入はこちら

 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-ウイルスバスター

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.