Google Chrome

【Chrome】"ブラウザの履歴の保存を無効にする":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Gogle Chromeの"ブラウザの履歴の保存を無効にする"のレジストリ/グループポリシーの設定値です。
この設定を有効にすることでChromeの履歴が保存されなくなります。
すでにある履歴は削除されない為、手動で削除する必要があります。
 

   

スポンサーリンク

レジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 SavingBrowserHistoryDisabled
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0=無効 ※履歴は保存される
1=有効 ※履歴は保存されない

 

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]
項目 ブラウザの履歴の保存を無効にする
設定値 ・未構成
・有効 ※履歴は保存されない
・無効 ※履歴は保存される

ヘルプ:
Google Chrome のブラウザ履歴の保存を無効にし、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

この設定を有効にすると、閲覧履歴は保存されません。また、タブの同期も無効になります。

この設定を無効にした場合、または未設定の場合は、閲覧履歴が保存されます。


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.