コマンドプロンプト

【コマンドプロンプト】Winhttpプロキシの設定と確認方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

プロキシサーバーを経由している環境の場合にインターネットオプション(Internet Explorer)のプロキシ設定ではWindows UpdateやWindowsOSのライセンス認証が失敗してしまう場合があります。
その様な場合はWinHttpプロキシを設定することで正常に接続ができるようになります。

WinHttpプロキシはコマンドプロンプトを使用してコマンドラインで設定を行います。
使用するコマンドは以下の「netsh winhttp」です。

【netsh winhttpのヘルプ】

>netsh winhttp /?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
? - コマンドの一覧を表示します。
dump - 構成スクリプトを表示します。
help - コマンドの一覧を表示します。
import - WinHTTP プロキシ設定をインポートします。
reset - WinHTTP 設定をリセットします。
set - WinHTTP 設定を構成します。
show - 現在の設定を表示します。

コマンドのヘルプを表示するには、コマンドの後にスペースを入れ、
? と入力してください。

ではWinHttpプロキシの設定、確認、リセット方法を説明します。
 
 

   

スポンサーリンク

Winhttpプロキシの設定

Winhttpプロキシの設定方法以下の2通りあります。

・インターネットオプションの設定をインポートする方法
・任意のプロキシアドレスを指定して設定する方法

 

インターネットオプションで設定されているプロキシをインポートし設定

以下のコマンドを実行すると設定が行なえます。

netsh winhttp import proxy source=ie

 

任意のプロキシアドレスを指定して設定

バイパスリストは「インターネットオプション」の「例外」の項目です。
【書式】

netsh winttp set proxy proxy-server =<プロキシサーバ>:<ポート番号> bypass-list=<バイパスリスト>

 
【設定例】

netsh winhttp set proxy proxy-server="192.168.1.100:8080" bypass-list="*.example.com"

 
 

確認

設定されているWinhttpプロキシの内容を確認するには以下のコマンドを実行します。

netsh winhttp show proxy

 
 


スポンサーリンク

プロキシ設定をリセット

Winhttpプロキシの設定をリセットしたい場合は以下のコマンドを実行します。

netsh winhttp reset proxy

関連記事(一部広告含む)

-コマンドプロンプト

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.