ウイルスバスター

【ウイルスバスタークラウド】リアルタイムスキャンを無効にする方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

ウイルスバスタークラウドでリアルタイムスキャンが有効になっていると有害ではないプログラムでも、極稀に有害なプログラムとして扱われ動作を停止させられてしまう場合があります。

その様な場合にスキャンの対象から例外として該当の実行ファイルを設定することもできますが、一時的に実行を許可したい場合等にリアルタムスキャンを無効にし実行させる方法もあります。

ウイルスバスタークラウドの影響でプログラムが動作しない場合に、一時的にファイルを実行したい場合はリアルタムスキャンの無効設定をしてみましょう。
 

   

スポンサーリンク

リアルタイムスキャンの無効

「スタート」-「ウイルスバスタークラウド」-「ウイルスバスターの表示」の順番にクリックし「ウイルスバスタークラウド」を起動します。


 
 
タスクバー右側アイコンを右クリックし「メイン画面の表示」からも起動できます。


 
 
「歯車アイコン」をクリックします。


 
 
「□リアルタムスキャンを有効にする」のチェックを外し「OK」をクリックします。


 
 
リアルタイムスキャンが無効になりタスクバーの上に「保護機能が無効です」と表示されます。

注意点としてリアルタムスキャンの無効化は30分で解除され有効に戻ります。
30分以上無効のままにしたい場合は「コンピュータを再起動するまで保護機能を無効にする」をクリックしてください。


 
 
ウイルスバスタークラウドの画面を表示すると、このように「保護機能が低下しています」と表示されます。
有効に戻したい場合は「今すぐ有効にする」をクリックしましょう。


 
 
以上がリアルタイムスキャンを無効にする方法です。
 
 
【ウイルスバスタークラウド】30日間 無料体験版のインストール方法
 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-ウイルスバスター

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.