Microsoft Edge

【Edge】"望ましくない可能性のあるアプリをブロックする":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Microsoft Edge(Chromium版)の"望ましくない可能性のあるアプリをブロックする"の項目設定です。
既定値で"オフ"に設定されています。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Edge設定箇所:[…]-[設定]-[プライバシー、検索、サービス] 
設定項目:"望ましくない可能性のあるアプリをブロックする"

予期しない動作を引き起こす可能性がある低評価のアプリのダウンロードをブロックします。

 

レジストリ

レジストリ設定後は再起動が必要な場合があります。

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Edge
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Edge
値の名前 SmartScreenPuaEnabled
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0=オフ(無効)
1=オン(有効)

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてMicrosoft Edgeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Microsoft Edge 管理用ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Microsoft Edge]-[SmartScreenの設定]
項目 望ましくない可能性のあるアプリをブロックするようにMicrosoft Defender SmartScreenを構成する
設定値 ・未構成
・有効
・無効

ヘルプ:
このポリシー設定では、Microsoft Defender SmartScreen を使用した望ましくない可能性のあるアプリのブロックを有効にするかどうかを構成できます。Microsoft Defender SmartScreen を使用して望ましくない可能性のあるアプリをブロックすると、Web サイトでホストされているアドウェア、コイン マイナー、バンドルウェア、および他の低評価のアプリからユーザーを保護するための警告メッセージが提示されます。既定では、Microsoft Defender SmartScreen を使用した望ましくない可能性のあるアプリのブロックは無効になります。

この設定を有効にした場合、Microsoft Defender SmartScreen 使用した望ましくない可能性のあるアプリのブロックが有効になります。

この設定を無効にした場合、Microsoft Defender SmartScreen を使用した望ましくない可能性のあるアプリのブロックが無効になります。

この設定を構成しなかった場合、Microsoft Defender SmartScreen を使用した望ましくない可能性のあるアプリのブロックを使うかどうかはユーザーが選択できます。


関連記事(一部広告含む)

-Microsoft Edge

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.