Microsoft Edge

【Microsoft Edge】 閲覧履歴を削除する方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Microsoft Edgeの閲覧履歴やCookie、Webサイトデータなどを削除する方法の説明です。
またブラウザを閉じる時に常に閲覧履歴を削除する方法も併せて説明します。
 

   

スポンサーリンク

手動で閲覧履歴を削除

Microsoft Edgeを起動し画面右上の「…」アイコンをクリックし「設定」をクリックします。


 
 
画面左側メニューの「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。


 
 
「クリアするデータの選択」をクリックします。


 
 
消去したい閲覧データにチェックを入れ「クリア」をクリックします。

・閲覧の履歴
・Cookieと保存済のWebサイトデータ
・キャッシュされたデータとファイル
・保存して閉じたタブや最近閉じたタブ
・ダウンロードの履歴
・オートフィルデータ(フォームやカードを含む)
・パスワード
・メディアライセンス
・Webサイトのアクセス許可

 
 
閲覧履歴の消去が完了すると「すべてクリアされました」と表示されます。


 
以上で操作完了です。
 

ブラウザを閉じる時に常に閲覧履歴を削除

ブラウザが閉じられた時に閲覧履歴が削除されるようにする設定方法です。
併せてローカルグループポリシーやレジストリで設定を行う場合の設定値を記載しています。
 

Microsof Edgeから設定する

閲覧履歴を削除する手順と同様に
Microsoft Edgeを起動し画面右上の「…」アイコン-「設定」-プライバシーとセキュリティ」の順番に開きます。

「ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する」のスイッチを「オン」にします。


 
 
以上でブラウザー終了時に閲覧履歴が削除されるようになります。
履歴を残したい場合は「オフ」に設定してください。
 
 

ローカルグループポリシー:終了時の閲覧履歴データクリアを許可する

ローカルグループポリシーで設定を行う場合はローカルグループポリシーエディター「gpedit.msc」で以下の値を設定してください。

場所 「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「Microsoft Edge」
または
「ユーザーの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「Microsoft Edge」
項目 終了時の閲覧データクリアを許可する
設定値 ・未構成
・有効  ※閲覧履歴を終了時にクリアする
・無効  ※閲覧履歴を終了時にクリアしない

 

【ヘルプ】
このポリシー設定では、Microsoft Edge の終了時に閲覧データを自動でクリアするように指定できます。

このポリシー設定を有効にした場合は、終了時に閲覧履歴をクリアする機能がオンになります。

このポリシー設定を無効にした場合や構成しなかった場合は、[設定] の [閲覧データのクリア] オプションで、従業員がこの機能をオンにし、構成することができます。


 
 

レジストリ:終了時の閲覧履歴データクリアを許可する

レジストリから設定を行いたい場合はレジストリエディター「regedit」で以下のレジストリ値を変更してください。
 

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Privacy
または
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Privacy
値の名前 ClearBrowsingHistoryOnExit
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0 = 無効(閲覧履歴を終了時にクリアしない)
1 = 有効(閲覧履歴を終了時にクリアする)


 


関連記事(一部広告含む)

-Microsoft Edge

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.