Google Chrome

【Chrome】"パスワードを保存できるようにする":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

"パスワードを保存できるようにする"の項目をオン/オフを行う設定です。
設定をオフにするとパスワードは保存されません。
Google Chromeの初期値ではパスワードは保存できるように設定されています。

Google Chromeのパスワードが保存できない様な場合は、設定を確認してみましょう。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Chrome設定箇所:[設定]-[自動入力]-[パスワード] 
設定項目:"パスワードを保存できるようにする"

 

レジストリ

レジストリ設定後は再起動が必要な場合があります。

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 PasswordManagerEnabled
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0=オフ(無効)
1=オン(有効)

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]-[パスワードマネージャー]
項目 パスワードマネージャーへのパスワード保存を有効にする
設定値 ・未構成
・有効 ※パスワードが保存できる
・無効 ※パスワードは保存できないが、以前保存したパスワードは使用できる

ヘルプ:
この設定が有効な場合、ユーザーは Google Chrome にパスワードを保存できます。パスワードは、サイトへ次回ログインしたときに自動的に入力されます。

この設定が無効な場合、ユーザーは新しいパスワードを保存できませんが、以前保存したパスワードは引き続き使用できます。

このポリシーが有効または無効の場合、ユーザーは Google Chrome でこの設定を変更したりオーバーライドしたりすることはできません。このポリシーが未設定の場合、パスワードは保存されます(ただし、ユーザーはパスワードの保存をオフにできます)。


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.