コマンドプロンプト

SubInACLコマンドでプリンターのセキュリティ設定を変更する

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

プリンターのセキュリティ設定をsubinacl.exeを使って追加変更する方法を調べたので備忘録として記載。
Windows10(1909)で動作することを確認。

   

スポンサーリンク

subinaclのダウンロード

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=23510

こちらからsubinacl.msiをダウンロードすることができる。

subinacl.msiを実行すると「Windows Resource Kit Tools」のセットアップウィザードが開始されるので指示にしたがってインストールする。

デフォルト設定でインストールを実施した場合「subinacl.exe」は下記フォルダ内に配置される。

C:\Program Files\Windows Resource Kits\Tools\

あとは「subinacl.exe」を任意の場所へ配置しコマンドプロンプトを使って実行。

環境変数が設定されている「C:\Windows」フォルダ内に配置すると、毎回「subinacl.exe」が配置されている場所へのパスを指定しなくてすむので便利。

セキュリティ設定を追加・変更

【書式】

subinacl.exe /printer "プリンター名" /grant=ユーザー名=値
説明
F フルコントロール
M ドキュメントの管理
P 印刷

【例】
ここでは下記条件で設定を変更。
また指定するユーザーがセキュリティにない場合は追加される。

プリンター名:Microsoft XPS Document Writer
ユーザー名:everyone
値:F ※フルコントロール

subinacl.exe /printer "Microsoft XPS Document Writer" /grant=everyone=F

スポンサーリンク

セキュリティ設定を削除

値を空白にすると指定したユーザーがセキュリティから削除される。
ここではeveryoneをセキュリティから削除してみる。

【例】

subinacl.exe /printer "Microsoft XPS Document Writer" /grant=everyone=

関連記事(一部広告含む)

-コマンドプロンプト

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.