コマンドプロンプト

【コマンドプロンプト】フォルダ(ディレクトリ)削除:RD / RMDIRコマンド

更新日:

 
スポンサーリンク
   
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/
Windows Server 2003R2/2008/2008R2/2012/2012R2/2016/2019

RDコマンドはフォルダ(ディレクトリ)を削除するコマンドです。
RDコマンドと同様の使い方のコマンドでRMDIRコマンドがあります。
 

   

スポンサーリンク

フォルダ削除:RD/RMDIRコマンド

書式

RD [オプション] [ディレクトリ名] RMDIR [オプション] [フォルダ名]
オプション
/S 指定されたディレクトリに加えて、そのディレクトリ内のすべてのディレクトリとファイルを削除します。ディレクトリ ツリーを削除するときに使用します。
/Q /S を指定してディレクトリ ツリーを削除するときに、確認のメッセージを表示しません。(QUIET モード)

 

使用例

使用例1:フォルダ削除

【コマンド】

> DEL C:\folder

 

使用例2:フォルダとフォルダ内のサブフォルダとファイルを削除

【コマンド】
オプション[/S]を指定するとコマンド実行時に削除の確認メッセージが表示されます。

> DEL /S C:\folder


 

使用例3:オプション[/S]使用時にフォルダ削除の確認メッセージを表示させずに削除する

【コマンド】

> DEL /S /Q C:\folder

 


関連記事(一部広告含む)

-コマンドプロンプト

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.