コマンドプロンプト

【コマンドプロンプト】ファイル削除:DEL / ERASEコマンド

更新日:

 
スポンサーリンク
   
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/
Windows Server 2003R2/2008/2008R2/2012/2012R2/2016/2019

DELコマンドはファイルを削除するコマンドです。
DELコマンドと同様の使い方のコマンドでERASEコマンドがあります。

またDELコマンドではフォルダ削除は行えません。フォルダ削除を行いたい場合はRDコマンドまたはRMDIRコマンドを使用します。

   

スポンサーリンク

ファイル削除:DEL/ERASEコマンド

書式

DEL [オプション] [ファイル名] ERASE [オプション] [ファイル名]
オプション
/P 各ファイルを削除する前に確認のメッセージを表示します。
/F 読み取り専用ファイルを強制的に削除します。
/S 指定したファイルをすべてのサブディレクトリから削除します。
/Q ワイルドカードを使用して一括削除するときに確認のメッセージを表示しません。(Quiet モード)
削除ファイルの属性の指定(オプション)
/A:R 読み取り専用
/A:S システム ファイル
/A:H 隠しファイル
/A:A アーカイブ
/A:I 非インデックス対象ファイル
/A:L 再解析ポイント
/A:O オフライン ファイル

使用例

使用例1:ファイル削除

【コマンド】

> DEL TextFile.txt

または絶対パスで指定する。

> DEL C:\TextFile.txt

使用例2:指定したフォルダ内のファイルを全て削除する

【コマンド】

> DEL C:\Folder\

使用例3:ファイルを削除する前に確認のメッセージを表示する

【コマンド】

> DEL /P TextFile.txt

使用例4:現在のフォルダ内ファイルをワイルドカードで全て削除する

【コマンド】

> DEL *.*

現在のフォルダ内の拡張子を指定してファイルを削除する。
例としてテキストファイルの拡張子「.txt」を削除します。

> DEL *.txt

使用例5:隠しファイルを削除する

【コマンド】

> DEL /A:H TextFile.txt

 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-コマンドプロンプト

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.