Windows11

【Windows11】バッテリー節約機能を無効にする方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows11のバッテリー節約機能では消費電力を抑えパソコンの使用時間を長持ちさせることができます。
初期値ではバッテリ残量が20%未満になった場合に自動でオンになりますが、機能を無効にすることができます。

本記事ではWindows11でバッテリー節約機能を無効にする方法を紹介します。
 


スポンサーリンク

設定手順

1.「スタート」ボタン >「設定」の順番にクリックします。

 

2.「設定」画面が開くので「システム」>「電源とバッテリー」をクリックします。

 

3.「バッテリー節約機能」をクリックします。

 

4.「次の値になったらバッテリー節約機能を自動的にオンにする」のプルダウンメニューをクリックします。
初期値では「20%」に設定されています。

 

6.「なし」をクリックします。

 

バッテリー節約機能がオフになります。

以上で操作完了です。

 

Windows11のその他の設定はこちらから
Windows11 設定と使い方

-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.