Windows11

【Windows11】Microsoft Teamsの自動起動を停止する

投稿日:2021/10/16 更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows11ではMicrosoft Teamsが標準搭載されるようになりました。サインイン後に自動起動されるようになっています。

またMicrosoft Teamsには2種類あり、一つは「家庭向けのTeams」でもう一つは「職場/学校向けのTeams」です。
Windows11で標準搭載されているTeamsは「家庭向けのTeams」がインストールされています。

「家庭向けのTeams」と「職場/学校向けのTeams」は同居が可能で「職場/学校向けのTeams」を使用したい場合は、こちらからダウンロードし別途インストールする必要です。

Windows デスクトップ用の Microsoft Teams をダウンロード

本記事ではWindows11でMicrosoft Teamsの自動起動を停止する方法を紹介します。

 


スポンサーリンク

スタートアップから設定

1.「スタート」ボタン >「設定」の順番にクリックします。

 

2.「設定」画面が開くので「アプリ」>「スタートアップ」をクリックします。

 

3.「Microsoft Teams」のスイッチをクリックし「オフ」に変更します。
「職場/学校向けのTeams」をインストールしてある場合は「Microsoft Teams」が表示されてアイコンの見た目で区別することができます。

 

以上で設定完了です。

 

タスクマネージャーから設定

1.タスクバーの「スタートメニュー」を右クリックまたは、キーボードの「Win」キー+「X」キーを押し「タスクマネージャー」をクリックします。

 

2.タスクマネージャーが起動するので簡易表示で表示された場合「詳細(D)」をクリックします。

 

3.「スタートアップ」タブをクリックします。

 

スタートアップの一覧画面が表示され、その中に「Microsoft Teams」を確認することができます。
「職場/学校向けのTeams」をインストールしてある場合は「Microsoft Teams」が2つ表示されます。

 

4.自動起動を停止する「Microsoft Teames」を選択し「無効にする(A)」をクリックします。
※両方のTeamsの自動起動を停止する場合は同手順で無効にします。

 

以上で設定完了です。

 


スポンサーリンク

通知領域のアイコンから設定する(職場/学校向けのTeams)

通知領域のアイコンから設定する場合は次の手順を行います。

1.タスクバーの「∧」をクリック
※タスクバーに「Microsoft Teams」のアイコンが表示されている場合は本手順は不要です。

2.通知領域の「Microsoft Teams」のアイコンを右クリック

3.「設定」をクリック

4.「Teamsを自動的に起動しない」をクリック

以上で設定完了です。
 

Windows11のその他の設定はこちらから
Windows11 設定と使い方


関連記事(一部広告含む)

-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.