Windows10

【Windows10】「[スタート]ボタンを右クリックするかWindows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」の有効/無効を切り替える(レジストリ)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows 10 Creators Update(Ver1703)以降「スタート」ボタンを右クリックや「Windows キー + X キー」を押したときに表示されていた「コマンドプロンプト」が「Windows PowerShell」に置き換わりました。

ここに表示される「Windows PowerShell」を「コマンドプロンプト」に変更するための設定方法を「Windowsの設定」からと「レジストリ」の2通り説明します。

 

   

スポンサーリンク

「Windowsの設定」から設定

1.「スタート」-「設定」の順番にクリックします。

 
 
2.Windowsの設定が開くので「個人用設定」をクリックします。

 
 
3.画面左側の「タスク バー」をクリックします。

 
 
4.画面右側にある「[スタート]ボタンを右クリックするかWindows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」のスイッチを「オフ」に変更します。
Windows PowerShellに戻したい場合はスイッチを「オン」にしてください。

 
以上で「コマンドプロンプト」が表示されるようになりました。

[タスクバー]を開く
 
 

レジストリから設定

レジストリエディタで以下のレジストリ値を変更してください。

レジストリ値

キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows
\CurrentVersion\Explorer\Advanced
値の名前 DontUsePowerShellOnWinX
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0 = 有効【既定】(Windows Powershellを表示)
1 = 無効(コマンドプロンプトを表示)


 
 

レジストリ設定手順

1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

 
 
2.名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

 
 
3.「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。

 
 
4.「レジストリエディタ」が起動するので画面左側のキーを次の順番で開きます。
「HKEY_CURRENT_USER」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」→「Advanced」

 
 
5.画面右側の「DontUsePowerShellOnWin」を右クリックし「修正」をクリックします。

 
 
6.「値のデータ」欄に「1」を入力し「OK」をクリックします。

 
 
7.再起動を行うと設定が適用されます。

以上で「コマンドプロンプト」が表示されるようになりました。
 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.