Windows10

【Windows10】スクリーンセーバー設定「再開時にログオン画面に戻る」(レジストリ)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows10の「スクリーンセーバー」設定にある「再開時にログオン画面に戻る」の項目をレジストリを編集して設定する方法の説明です。

 

   

スポンサーリンク

レジストリ設定値

キー HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\
値の名前 ScreenSaverIsSecure
種類 REG_SZ ※文字列値
値のデータ 0 = 無効
1 = 有効


 

レジストリ設定手順

1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2.名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

3.「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。

4.「レジストリエディタ」が起動するので画面左側のキーを次の順番で開きます。
「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Control Panel」→「Desktop」

5.画面右側の「ScreenSaverIsSecure」を右クリックし「修正」をクリックします。

6.「値のデータ」欄に「0」か「1」を入力し「OK」をクリックします。

0 = 無効
1 = 有効

以上で設定完了です。
 

【Windows10】スクリーンセーバー設定「再開時にログオン画面に戻る」(ローカルグループポリシー)はこちらをご覧ください。
【Windows10】スクリーンセーバー設定「再開時にログオン画面に戻る」(ローカルグループポリシー)


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.