Windows10

【 Windows10】Microsoft ストアアプリの自動ダウンロード/自動インストール(更新)を無効にする

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

Windows10ではWindows Storeアプリが自動ダウンロードされ自動インストールされるように設定されています。
その為、気がついたら心当たりのないアプリ(CandyCrush等)がインストールされていることがあります。
正直不必要なアプリが勝手にインストールされるのは気持ちの良いものではありません。
もちろんインストールされたアプリをアンインストールすることは可能ですがが、インストールされる度にアンインストールするのも非常に面倒です。
自動でダウンロード/インストールが行われないようにする3つの方法を説明します。

   

スポンサーリンク

Microsoft Storeから自動ダウンロード/インストールを無効にする

1.「スタート」-「Microsoft Store」の順番にクリックしストアを起動します。
タイルやタスクバーの「Microsoft Store」から起動も可能です。

2.「Microsoft Store」が起動するので画面右上にある「・・・」をクリックします。

3.「設定」をクリックします。

4.「アプリ更新」欄の下にある「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックし「オン/オフ」の切り替えを行います。
初期値では以下の様にスイッチは「オン」になっています。

自動更新を無効にする場合はスイッチを「オフ」に切り替えます。
スイッチ切り替え後、ストアを閉じたら設定完了です。

 

レジストリから自動ダウンロード/インストールを無効にする

レジストリエディターで以下のキーを追加することによってアプリの自動ダウンロード/自動インストール(更新)の設定を変更することができます。

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\WindowsStore
値の名前 AutoDownload
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 2 = 自動ダウンロード/自動インストールを有効
4 = 自動ダウンロード/自動インストールを無効


 


スポンサーリンク

ローカル グループポリシーから自動ダウンロード/インストールを無効にする

ローカル グループポリシーエディターで以下のキーを追加することによってアプリの自動ダウンロード/自動インストール(更新)の設定を変更することができます。

場所 「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「ストア」
項目 更新プログラムの自動ダウンロードおよび自動インストールをオフにする
設定値 ・未構成
・有効
・無効
アプリの更新プログラムの自動ダウンロードとインストールを有効または無効にします。

この設定を有効にすると、アプリの更新プログラムの自動ダウンロードとインストールは無効になります。

この設定を無効にすると、アプリの更新プログラムの自動ダウンロードとインストールが有効になります。

この設定を構成しない場合、アプリの更新の自動ダウンロードとインストールは、ユーザーが Microsoft Store で [設定] を使用して変更できるレジストリ設定によって決定されます。


 

手動でアプリを更新する

1.「スタート」-「Microsoft Store」の順番にクリックしストアを起動します。

2.「Microsoft Store」が起動するので画面右上にある「・・・」をクリックします。

3.「ダウンロードと更新」をクリックします。

以下のように「↓」の隣に数字が表示されている場合はそこをクリックしても「ダウンロードと更新」を開くことができます。

4.「最新情報を取得する」をクリックします。

5.「ダウンロードキュー内」にダウンロードが行えるアプリが表示されダウンロードを行えます。

 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.