Windows10

Windows10 Windows Defender 完全無効化する設定(レジストリ/ローカル グループポリシー)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows Defenderをレジストリ/ローカルグループポリシー設定により、完全無効化する方法です。

Windows Defenderが原因でパソコンが重くなった時はこの方法によりWindowsの動作を軽くできます。
切り分けを行いたい時にも試せる方法の一つです。

この操作を行うとWindows10標準セキュリティ機能(Windows Defender)が無効化されます。

Windows Defenderを無効にする場合は安全の為、必ずサードパーティ製のセキュリティソフトをインストールしましょう。

またサードパーティ製のソフトをインストールしない場合はWindows Defenderを無効にする事は大変危険ですのでやめましょう。

   

スポンサーリンク

Windows Defenderとは

Microsoftが開発したWindows Vista以降のWindows OSにプリインストールされているセキュリティソフトウェアです。

Windows Defenderをレジストリで無効化

設定手順

[スタートメニュー]-[右クリック]-[ファイル名を指定して実行(R)]をクリックします。
[スタートメニュー]-[右クリック]-[ファイル名を指定して実行(R)]をクリック

「regedit」を入力し「OK」をクリックします。
[スタートメニュー]-[右クリック]-[ファイル名を指定して実行(R)]をクリック

「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので「はい」をクリックします。
「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので「はい」をクリック

レジストリエディターが起動するので次の順番で開きます。
[HKEY_LOCAL_MACHINE]-[SOFTWARE]-[Policies]-[Microsoft]-[Windows Defender] レジストリエディター

[Windows Defender]を右クリックし「新規(N)」-「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
>[Windows Defender]を右クリックし「新規(N)」-「DWORD(32ビット)値(D)」をクリック

「新しい値#1」が作成されるので名前を「DisableAntiSpyware」に変更します。
「新しい値#1」

「DisableAntiSpyware」に変更
※誤って「新しい値#1」で名前を決定してしまった場合は、「新しい値#1」右クリック「名前の変更(R)」から名前を変更してください。

「DisableAntiSpyware」右クリックし「修正」をクリックします。
「DisableAntiSpyware」右クリックし「修正」をクリック

下記画面の値を「1」に変更しOKをクリックしてください。
「1」に変更

パソコンを再起動します。

再起動後、[スタートメニュー]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows セキュリティ]の順番で開きます。

[スタートメニュー]-[設定]

[更新とセキュリティ]

-[Windows セキュリティ]

「ウイルスと脅威の防止」が下記の様に「×」印と「処置が必要です。」が表示されていればWindows Defenderは無効化されています。
「処置が必要です。」
※もしWindows Defenderが無効化できていない場合はもう一度再起動を試してください。

設定値(レジストリ)

キー \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender
値の名前 DisableAntiSpyware
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 1
※「0」=有効 「1」=無効

スポンサーリンク

Windows Defenderをローカルグループポリシーで無効化

設定手順

[スタートメニュー]-[右クリック]-[ファイル名を指定して実行(R)]をクリックします。
[スタートメニュー]-[右クリック]

「gpedit.msc」を入力し「OK」をクリックします。
[ファイル名を指定して実行(R)]

ローカルグループポリシーエディターが起動するので次の順番で開きます。
[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows Defenderウイルス対策] [コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows Defenderウイルス対策]

「Windows Defenderウイルス対策を無効にします」をダブルクリックします。

設定画面「Windows Defenderウイルス対策を無効にします」が表示されるので「有効」を選択し「OK」をクリックします。
「Windows Defenderウイルス対策を無効にします」

パソコンを再起動します。

再起動後、[スタートメニュー]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows セキュリティ]の順番で開きます。

[スタートメニュー]-[設定]

[更新とセキュリティ]

[Windows セキュリティ]

「ウイルスと脅威の防止」が下記の様に「×」印と「処置が必要です。」が表示されていればWindows Defenderは無効化されています。
「処置が必要です。」
※もしWindows Defender無効化できていない場合はもう一度再起動を試してください。

設定値(ローカルグループポリシー)

場所 [コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows Defenderウイルス対策]
項目 Windows Defenderウイルス対策を無効にします
設定値 ・未構成(C)
・有効(E)
・無効(D)

Windows Defenderをスタートアップから無効化

1.「タスクバー」の何もないところを右クリックし、「タスクマネージャー(K)」をクリックします。
「タスクマネージャー(K)」

2.タスクマネージャーが簡易表示になっている場合は「詳細(D)」をクリックし「詳細表示」に切り替えます。
「詳細(D)」をクリック

3.「スタートアップ」のタブをクリックします。
「スタートアップ」のタブをクリック

4.「Windows Security notification icon」をクリックし、タスクマネージャー右下の「無効」をクリックします。
タスクマネージャー右下の「無効」をクリック

5.「Windows Security notification icon」が無効になっていることを確認します。
「Windows Security notification icon」が無効

6.再起動を行ってください。次回起動時「Windows Defender」は起動しません

以上で操作完了です。


スポンサーリンク

Windows Defenderと他のセキュリティソフトとの併用について

セキュリティソフトは基本的に他のセキュリティ製品との併用を前提として設計されていません。

その為にWindows Defenderと競合が発生し動作不良の可能性がありますのでWindows Defenderとの併用は推奨されていません。

またサードパーティ製のセキュリティソフトが有効化されるとWindows Defenderは自動で無効化されます。

Windows Defenderと併用を行うと以下のような症状が発生する可能性がありますので注意が必要となります。

・パソコンのパフォーマンス低下(重くなる)
・検出効率の低下
・ソフトウェアの起動や動作不良
・その他予期せぬトラブルの発生

セキュリティソフトをインストールする際は、他のセキュリティソフトがインストールされていないか確認しましょう。

またインストールされている場合は事前にアンインストールを行いましょう。

おすすめセキュリティソフト

・トレンドマイクロ ウイルスバスタークラウド

日本では認知度が非常に高く初心者向けセキュリティソフトです。
どれを購入するかわからないのであればウイルスバスタークラウドを購入しておけば間違いありません。
日本でのシェアも高く【BCN AWARD 2018】でトレンドマイクロ社は第1位です。

・シマンテック ノートンセキュリティ

シマンテック社もトレンドマイクロ社に続き【BCN AWARD 2018】第2位の成績です。
世界売り上げでは第1位を誇り世界に認められたセキュリティソフトです。
他のソフト比べ若干価格は高めですがお勧め製品です。

・ソースネクスト ZERO ウイルスセキュリティ

一言で言って安い!これに限ります。同じパソコンであれば契約更新や継続料がありません。
他のソフトと比べると性能はやや劣りますが、
セキュリティソフトとして最低限の機能は備えています。
同社のソフトで機能が増えた「ZEOR スーパーセキュリティ」という製品もあります。

Windows Defenderに何らかの不満や問題がある時にこのようなサードパーティ製品へ切り替えるのも良いでしょう。


スポンサーリンク

BCN AWAORDとは

POSデータに基づいた公正な表彰で1年間の販売数で表彰されます。
部門は複数に分かれ「セキュリティソフト部門」、「OS部門」、ワープロ・エディタソフト部門」等多岐にわたります。

BCN AWARD 2018 セキュリティ部門
第1位 トレンドマイクロ(日本シェア 39.2%)
第2位 シマンテック(日本シェア 20.4%)
第3位 ソースネクスト(日本シェア 18.9%)


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.