ソフトウェア

Adobe Acrobat Reader DC 自動アップデート/更新を無効化停止する方法(レジストリ)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Adobe Acrobat Reader DC には「Continuous版」 「Classic版」が存在し一般的に使用されている「Continuous版」は常に最新のバージョンを維持する為に自動アップデートが行われるようになっています。

Windowsの「Adobe Acrobat DC/Acrobat Reader DC(Continuous版)」自動アップデート設定と自動アップデートの挙動設定はソフトウェア上からの操作で変更は行えません。

その為「Adobe Acrobat DC/Acrobat Reader DC(Continuous版)」の 自動アップデート設定と自動アップデートの挙動設定はレジストリ値の編集操作で行ないます。

※Adobe Acrobat Reader DC(Classic版)では以前のバージョンⅩ~Ⅺと同じ方法でアップデート管理が可能です。

以下のレジストリを編集して設定を変更することができます。

   

スポンサーリンク

自動アップデート設定のレジストリ値

この設定は自動アップデートの停止と、ヘルプの「アップデートの有無のチェック」が非表示になります。

キー 【32bit版】
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Adobe\Acrobat Reader\DC\FeatureLockDown
【64bit版】
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Policies\Adobe\Acrobat Reader\DC\FeatureLockDown
値の名前 bUpdater
※新規作成する
種類 REG_DWORD
値のデータ 0=自動アップデート無効
1=自動アップデート有効

自動アップデート挙動設定のレジストリ値

キー 【32bit版】
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Reader\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AC0F074E4100}
【64bit版】
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Reader\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AC0F074E4100}
値の名前 Mode
種類 REG_DWORD
値のデータ 0=自動アップデートのダウンロードを行わない
1=自動アップデートのダウンロードを行わない
2=自動的にダウンロードするが、インストール行わない。
3=自動的にダウンロードとインストールを行う【既定】
4=ダウンロードが可能な場合に通知する。

【注意点】Adobe公式サイトには以下のような注意書きがあります。

注意:ここで紹介するmodeキーは、あくまでも自動アップデートを行う際の挙動を制御するのに利用してください。自動アップデート自体の可否はこのキーで設定しないでください。自動アップデートの可否設定は、以下で説明される bUpdaterキーを使用してください。

つまり、modeキーで利用するべきキーの値は 2 か 3 か 4 だけです。

出典:https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/cq05201026.html

注意に従って「0」と「1」は使わずに、「2」「3」「4」のいずれかを設定しましょう。


関連記事(一部広告含む)

-ソフトウェア

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.