Windows11

【Windows11】自動でスリープさせないようにする方法

投稿日:2021/10/22 更新日:

 
スポンサーリンク
   

本記事ではWindows11で自動でスリープさせないようにする設定を紹介します。

 


スポンサーリンク

スリープの設定

1.「スタート」ボタン >「設定」の順番にクリックします。

 

2.「設定」画面が開くので「システム」>「電源&バッテリ」をクリックします。

 

3.「画面とスリープ」をクリックします。

 

4.次の2つの項目をプルダウンメニューを開き「なし」に変更します。

・バッテリー駆動時に、次の時間が経過した後にデバイスをスリープ状態にする
※こちらの項目はノートPCの時に設定

・電源接続時に、次の時間が経過した後にデバイスをスリープ状態にする

 

以上で設定完了です。

 

コントロールパネルから設定

1.「スタート」ボタン >「すべてのアプリ>」の順番にクリックします。

 

2.「Windowsツール」をクリックします。

 

3.「コントロールパネル」をダブルクリックします。

 

4.コントロールパネルが開くので「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

 

5.「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。

 

6.「コンピューターをスリープ状態にする」の項目を「適用しない」に変更し「変更の保存」をクリックします。
※「バッテリ駆動」はノートPCの場合にのみ表示されています。

 

以上で設定完了です。
 

こちらの記事も参考にご覧ください。
【Windows11】ノートPCを閉じたときにスリープしないようにする
【Windows11】ディスプレイの電源を切る時間を設定する

Windows11のその他の設定はこちらから
Windows11 設定と使い方


関連記事(一部広告含む)

-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.