Windows11

【Windows11】IPアドレス(IPv4)を固定に設定する方法

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

Windows11でIPアドレス(IPv4)を固定に設定する方法を説明します。
IPアドレス設定は「Wi-Fi」(無線LAN)と「イーサネット」(有線LAN)で若干選択する項目は変わりますが、基本的に同じような手順で設定することができます。

ではIPアドレスの固定設定手順を確認していきましょう。


スポンサーリンク

IPアドレスの固定設定

1.タスクバーの「スタート」アイコンをクリックします。

2.メニューが開くので「設定」をクリックします。

3.画面左側メニューから「ネットワークとインターネット」をクリックします。

4.画面右側の「Wi-Fi」または「イーサネット」をクリックします。
※「イーサネット」を設定する場合は手順6に進みます。

5.既にWi-Fiが接続されている場合は接続済のプロパティが表示されているので、クリックします。
※Wi-Fi未接続で過去に接続した事のあるWi-FiのIPアドレスを設定する場合は「既知のネットワーク管理」をクリックし次の画面で設定を行いたいネットワークを選択します。

6.該当の「Wi-Fi」または「イーサネット」のプロパティが表示されるので、画面右側を下にスクロールし「IP割り当て」欄の「編集」をクリックします。

7.「ネットワークIP設定の編集」が表示されるのでプルダウンメニューを「自動(DHCP)」から「手動」に変更し「保存」をクリックします。

8.「IPv4」のスイッチをクリックしオフからオンに変更します。

9.IPアドレスの入力画面が表示されるので、必要な各項目を入力し「保存」をクリックします。

【設定可能項目】
・IPアドレス
・サブネットマスク
・ゲートウェイ
・優先DNS
・代替DNS

以上でIPアドレスの設定完了です。

IPアドレスの確認

設定をしたIPアドレスの確認をしてみましょう。

IPアドレスの設定手順1~5を行います。

開いている画面右側の「IP割り当て:」の項目のすぐ下側に先ほど設定したIPアドレスの設定内容が表示されています。
もし設定値に間違いがあるような場合は「編集」から変更することができます。


関連記事(一部広告含む)

-Windows11

Copyright© ぱそかけ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.