Windows10

【Windows10】WiFi設定をしてアクセスポイントに接続する方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

最近は一家に一台、無線ルーターが当たり前のように設置されるようになりました。

WiFi(ワイファイ)を使えば家の中でどんな場所でも自由にインターネット接続ができるだけではなく、スマートフォンやモバイルWiFiの通信容量も気にせずに使えて便利ですよね。

また無線ルーターは家の中に設置され限られた範囲で使用されるものなので、電波が安定し高速通信が可能です。

今回はWindows10のパソコンでWiFi接続を行うための設定方法を説明します。

※無線アクセスポイントの設定が完了している必要があります。
無線アクセスポイントの設定は各メーカーのマニュアルを参考に実施してください。

 

   

スポンサーリンク

事前準備

無線ルーターへ接続するにはルーターに設定されているいくつかの情報が必要となります。

下記項目を事前に確認してください。

・SSID(ネットワーク名)
・暗号化キー(パスワード)またはセキュリティキー

SSIDや暗号化キー(パスワード)がわからない場合は、初期値から変更していなければ無線ルーターの本体に記載されているものが使用できます。
 
 

WiFi接続の設定手順

タスクバーの右側にある「WiFiアイコン」をクリックすると現在接続可能なSSID一覧が表示されます。
接続したいSSID(ネットワーク名)をクリックしてください。

ここでは例としてSSID「Buffalo-G50F0」に接続してみます。


 
 
以下のようにSSID一覧が表示されない場合は「WiFi」をクリックしWiFiを有効にしてから再度接続を試してください。


 
 
「□自動的に接続」にチェックを入れ「接続」をクリックします。


 
 
「ネットワークセキュリティキーの入力」が表示されるので先程調べた「暗号化キー(パスワード)」を入力し「次へ」をクリックします。


 
 
接続に成功すると、「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されます。


 
 
以上でWiFi接続完了です。


スポンサーリンク

WiFiの切断手順

現在接続されているWiFiを切断する手順を説明します。

この手順ではWiFiを切断するだけであり、設定そのものを削除するわけではありません。
再度接続を行いたい場合はWiFiのSSID一覧を表示させ「接続」をクリックするだけで接続が可能です。

タスクバーの右側にある「WiFiアイコン」をクリック接続されているWiFiの「切断」ボタンをクリックします。


 
 
以上でWiFiを切断することができます。
 


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.