Windows10

【Windows10】ISOファイルをDVDに書き込む方法

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Windows10はISOファイルDVDへの書き込みをサードパティー制のライティングソフトを使用しなくてもWindows標準機能の「Windowsディスクイメージ書き込みツール」を使用することにより書き込みを行うことができます。

ISOファイルのイメージをDVDへ書き込む方法を2つ説明します。

※ISOファイルの書き込み手順を行う前に空のCD/DVD(ブランクメディア)を書き込みドライブに挿入してください。
 

   

スポンサーリンク

ISOファイルの書き込み①

1.エクスプローラーを開き書き込みを行いたいISOファイルを選択し、「ディスクイメージツール」をクリックします。

 
 
2.リボンに表示されている「書き込み」をクリックします。

 
 
3.「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動するので書き込み用ドライブを選択し「書き込み(B)」をクリックします。
※書き込みが正しく行われたか確認する場合は「□書き込み後のディスク確認」にチェックを入れます。

 
 
ISOファイルの書き込みが開始され書き込みの進捗が表示されます。

 
 
4.書き込みが完了したら「閉じる」をクリックします。

 
 
書き込まれたDVDを開くとISOファイルにイメージ化されていたデータが参照できる形でDVDに書き込まれていることが確認できます。

 
以上でISOファイルの書き込み操作完了です。
 
 

ISOファイルの書き込み②

1.書き込みを行いたいISOファイルを「右クリック」-「ディスクイメージの書き込み」の順番にクリックします。

 
 
2.「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動するので書き込み用ドライブを選択し「書き込み(B)」をクリックします。
※書き込みが正しく行われたか確認する場合は「□書き込み後のディスク確認」にチェックを入れます。

 
 
ISOファイルの書き込みが開始され書き込みの進捗が表示されます。

 
 
3.書き込みが完了したら「閉じる」をクリックします。

 
 
書き込まれたDVDを開くとISOファイルにイメージ化されていたデータが参照できる形でDVDに書き込まれていることが確認できます。

 
以上でISOファイルの書き込み操作完了です。
 

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.