Windows10

Windows10 起動時にパスワード入力を省略して自動ログインする設定方法(レジストリ含む)

更新日:

 
スポンサーリンク
   

パソコン起動時に毎回パスワードを入力することが煩わしいいとき等に、パスワードの入力を省略し自動ログインをさせることができます。

この説明で簡単に自動ログインできる設定方法と、自動ログインのレジストリ値を紹介します。

これから説明する方法で簡単に自動ログインができるようになりますが、パソコンの電源を入れるだけで使える状態にするということはセキュリティのリスクが非常に高まります。

セキュリティのリスクが高まる点を考慮してから設定を実施しましょう。

   

スポンサーリンク

「netplwiz」から自動ログインを設定する方法

1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「ファイル名を指定して実行」をクリック

 

2.「ファイル名を指定して実行」の「名前」欄に「netplwiz」と入力し「OK」をクリックします。
「netplwiz」と入力し「OK」をクリック

 

3.「ユーザアカウント」画面で自動ログインしたいユーザをクリックします。
自動ログインしたいユーザをクリック

 

4.チェックボックス「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」のチェックを外します。
続けて「OK」をクリックします。
チェックボックス「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」のチェックを外します。
続けて「OK」をクリック

 

5.「自動サインイン」画面で先ほど選択したユーザのパスワードを入力します。
「パスワード(P)」と「パスワードの確認入力(C)」の二個所に入力してください。
「パスワード(P)」と「パスワードの確認入力(C)」の二個所に入力

 

6.「OK」をクリックします。
次回の起動から自動でログインが行われます。

 

自動ログイン設定する為のレジストリ値

自動ログオンをレジストリで設定するための値は以下の通りです。レジストリエディターを使用して設定を行いましょう。
またキーや値がない場合は新規作成してください。

自動ログイン/サインインを有効にする

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 AutoAdminLogon
種類 REG_DWORD【DWORD(32bit)】
値のデータ 0=自動ログイン無効
1=自動ログイン有効

 

自動ログイン/サインイン対象のユーザー名を指定

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultUserName
種類 REG_SZ【文字列】
値のデータ 自動ログインさせるユーザー名を指定

 

自動ログイン/サインイン対象のユーザーパスワードを指定

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultPassword
種類 REG_SZ【文字列】
値のデータ 自動ログインさせるユーザーに設定されているパスワードを指定

 

【補足】ドメイン環境でログインする場合の追加設定(ドメイン名の指定)

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultDomainName
種類 REG_SZ【文字列】
値のデータ ドメイン名を指定する

 


スポンサーリンク

注意点

自動ログインの設定を解除した場合にパスワードを入力しないとログインできなくなります。
パスワードを忘れてしまったときは、自動ログインを解除する前にパスワードの変更を実施してください。

パスワードの変更方法はこちらを参考にどうぞ


関連記事(一部広告含む)

-Windows10

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.