トラブルシューティング

Microsoft Store(WinStore.App.exe)が原因でディスク使用率が100%になって重い

投稿日:

 
スポンサーリンク
   

先日、私の親からWindows10(Ver1903)のPCが重いから何とかしてほしいとヘルプをもらい対応しました。

症状としては常時ディスクの使用率が100%になり、何をやってもとにかく重い!!という症状です。

タスクマネージャーとリソースモニターを使ってディスクを監視していたところ「wsappx」というプロセスが頻繁にディスクアクセスを繰り返していました。

「wsappx」で動いているプログラム「WinStore.App.exe」はMicrosoft Store(Windows Store)関連のプロセスでWindows10で動作を遅くする原因になるようです。

とりあえず回避策として「Microsoft Store」の設定からアプリの自動更新を無効にすることで改善ができます。

【設定手順】
1.Microsoft Storeを起動する

2.Microsoft Store右上の「・・・」-「設定」の順番にクリック
 

3.「アプリを自動的に更新」の項目をオフにする
 

この手順を実施後に、再起動を行ったらディスクアクセスも正常な状態に戻りPCが軽くなりました。


関連記事(一部広告含む)

-トラブルシューティング

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.