Microsoft Edge

【Edge】"押し付けがましい広告や誤解を招く広告を表示するサイトでは、広告をブロックする (推奨)":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

Microsoft Edge(Chromium版)の"押し付けがましい広告や誤解を招く広告を表示するサイトでは、広告をブロックする (推奨)"のレジストリ/グループポリシーの設定値です。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

GUI設定箇所:[…]-[設定]-[サイトのアクセス許可]-[JavaScript] 
設定項目:許可(推奨)

 

レジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Edge
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Edge
値の名前 AdsSettingForIntrusiveAdsSites
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 1=すべてのサイトで広告を許可する
2=押し付けがましい広告を表示するサイトでは広告をブロックする (既定値)。

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてMicrosoft Edgeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Microsoft Edge 管理用ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Microsoft Edge]
項目 押し付けがましい広告を表示するサイトに対する広告の設定
設定値 ・未構成
・有効
・無効

【有効:オプション】
・すべてのサイトで広告を許可する
・押し付けがましい広告を表示するサイトでは広告をブロックする (既定値)

ヘルプ:
押し付けがましい広告を表示するサイトで広告をブロックするかどうかを制御します。このポリシーを次のいずれかのオプションに設定できます。

* 1 = すべてのサイトで広告を許可する。

* 2 = 押し付けがましい広告を表示するサイトでは広告をブロックする (既定値)。


関連記事(一部広告含む)

-Microsoft Edge

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.