Google Chrome

【Chrome】"Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する":レジストリ/GPO

更新日:

 
スポンサーリンク
   

"Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する"の設定です。
Chromeブラウザを閉じた後もバックグラウンドでプロセスが残ってしまう場合に、この設定を"オフ"にすることでプロセスを終了することができます。
メモリ消費を抑えたい場合に有効な手段となります。

Google Chromeの既定値では"オン"に設定されています。

   

スポンサーリンク

GUI設定箇所

レジストリ・グループポリシーで以下の箇所を設定できます。

Chrome設定箇所:[設定]-[詳細設定]-[システム] 
設定項目:"Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する"

 

レジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chrome
または
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome
値の名前 BackgroundModeEnabled
種類 REG_DWORD ※DWORD(32ビット)値
値のデータ 0=オフ(無効)
1=オン(有効)

 


スポンサーリンク

グループポリシー

グループポリシーでは以下の項目に対応
※前提条件としてGoogle Chromeポリシーテンプレートのインストールと設定が必要
Google Chrome ポリシーテンプレートの追加方法

場所 [コンピューターの構成/ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Google]-[Google Chrome]
項目 Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する
設定値 ・未構成
・有効
・無効

ヘルプ:
Google Chrome プロセスが OS ログインで開始してから最後のブラウザ ウィンドウが閉じるまで動作し続けているかどうかを判断し、バックグラウンド アプリや現在のブラウジング セッション(セッション Cookie を含む)がアクティブな状態を維持できるようにします。

このポリシーを True に設定すると、バックグラウンド モードが有効になります。ユーザーがブラウザ設定で変更することはできません。

このポリシーを False に設定すると、バックグラウンド モードが無効になります。ユーザーがブラウザ設定で変更することはできません。

このポリシーが未設定の場合、バックグラウンド モードは最初は無効の状態です。ユーザーはブラウザ設定で変更することができます。


関連記事(一部広告含む)

-Google Chrome

Copyright© ぱそかけ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.