アクアリウム

発酵式CO2添加装置の作り方【自作】

更新日:

 
スポンサーリンク
   

水草を育てるために欠かせないものがCO2(二酸化炭素)の添加です。CO2添加を行うことによって水草育成の難易度は格段に下がります。
CO2を添加する方法はさまざまありますが、今回は初心者でも手軽に始められる「発酵式」と呼ばれる方法をご紹介します。
では最初にCO2添加装置の作り方を説明します。

   

スポンサーリンク

CO2添加装置作成

準備する材料と道具

・炭酸飲料が入っていたペットボトル(今回は500ml)
・エアチューブ
・エアチューブ用のジョイント
・エアストーン
・ドライバーやキリ(ペットボトル蓋の穴あけに使用)
・接着剤
・逆止弁(なくても可)
材料

作り方

1.ペットボトルの蓋にジョイントを取り付ける穴をあける。
ペットボトルの中心に穴を空けましょう。少し力のいる作業になりますが
最初はキリや尖ったドライバで少し後をつけ、先がドリル状のドライバで穴をあけるのがやりやすいです。小さな穴が空いたら徐々に太いドライバを押し込むようにして穴を広げましょう。この時に穴を広げすぎないように注意してください。
※ドライバを熱して穴をあけると容易にあけることもできます。
ペットボトルのフタに穴をあける

2.ペットボトルの蓋にジョイントを差し込み接着剤で固める
接着剤が固まった時に隙間からCO2が漏れないようしっかりと接着剤を付けましょう。
接着剤でジョイントを取り付ける

3.エアチューブを切り逆止弁とエアストーンを付けジョイントとエアチューブをつなぐ
下の写真のような形にします。逆止弁の向きを逆さにしないように気をつけてください。
エアチューブとつなぐ
これで「CO2添加装置作成」ができました。
完成

フタ部分を作るのが難しいかったり、接着部分からのCO2漏れが心配な方はこのような便利なものも売っています。

次に中に入れる発酵液の作り方を説明します。

発酵液の作り方

準備する材料と道具

・ボウル
・計量カップ
・スプーン(砂糖を混ぜるのに使用)
・ロート(ペットボトルに発酵液を入れる為に使用)
・砂糖100g
・水400ml
・イースト菌(ドライイースト)1gあれば十分です
・塩(1~2g)もしくは重層(2~4g)季節により量を調整。
※冬は不要、夏場多めにいれます。発酵しすぎないようにする為ブレーキとして使います。
※今回は500mlのペットボトルを想定した材料の量です。
1Lのペットボトルの場合は砂糖と水、塩を単純に量を2倍にして下さい
材料

作り方

1.ボウルに砂糖100gと塩(1g)、水400mlを入れ混ぜます。
ボウルの大きさが小さい場合は何度かに分けて混ぜてください。
砂糖を溶かす

2.ペットボトルにボウルの中身を移します。
ロートを使いペットボトルに移します。
ペットボトルにいれる
4.ペットボトルにイースト菌を入れます。
水面全体に広がるくらいの量を入れましょう。
イースト菌をペットボトルにいれる

5.蓋をして混ぜます。

6.先ほど作成した蓋を付けて出来上がりです。
エアチューブをつなぐぎフタをしめる


スポンサーリンク

設置

1.水槽の近くの倒れない場所へ設置しエアストーンを水槽に入れましょう。
水槽横に設置

2.あとはCO2が発生するのを待つだけです。
夏場であれば1時間待たずに発酵し始めエアストーンからCO2が出始めます。
冬場になると3,4時間しないとC02が中々出ないことがあります。その時は根気よく待ちましょう。
CO2の添加状況

なかなか発酵しない時はどうすれば良いの?

・ペットボトルを軽く振ってみる。
・少しだけ温めてみる。
※27度~36度が最も活動する温度です。60度を超えると死滅するので注意してください。
・イースト菌を少し追加で入れる。
・最大12時間くらいは待ってみる。

それでもCO2がでないときは?

・CO2が漏れていないか確認してみる(ジョイント部分がうまく接着していないとCO2が漏れることがあります。)
・ペットボトルの蓋がしっかりしまっているか確認する。

交換時期

発酵が終わりCO2がほとんどでなくなったら、発酵液を作り直しましょう。
温度によってかなり交換のタイミングが変わってきます。
夏場で1~2週間程、冬場で2~3週間程です。


スポンサーリンク

注意点

1.夏場に発酵のしすぎで、発酵液が水槽内に入ってしまうことがあります。
その場合は直ちに生体を避難もしくは水槽の水換えをして下さい。

2.ペットボトルを横転させ発酵液が水槽内に入ってしまうこともあるので、
必ず安定した場所においてください。

発酵式のメリット・デメリット

メリット

・初期投資が低コスト
・ランニングコストも低コスト(3週間程度使える)
・専門的な知識がなくても手軽に始められる
・専用機材が不必要

デメリット

・CO2添加量の調節ができない、止められない
・設置した時の見た目が悪い
・室温によってCO2の発生量が大きく変わる
・冬場は低温であまり発酵しない為、何かしらの保温対策が必要

 
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

-アクアリウム

Copyright© ぱそかけ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.